ホントにおすすめのプロポリス

ホントにおすすめのプロポリス

プロポリスと一緒に服用すると危険な薬はある?

プロポリスのもつ強力な抗菌作用は天然由来ということで安全性も兼ね備えることで非常にその価値が有効であると言われています。
その作用は通常蜜蜂の巣の腐敗予防に使われるのですが、私達人間が活用することで風邪を予防したり、さらにかかった際にはその症状を緩和、改善してくれることから治りを早くしてくれることでも知られています。
さらに、冬の時期に大流行するインフルエンザや感染症に対しても強く立ち向かえる体を作るという病気予防効果を発揮します。

それ以外にも抗炎症効果を持ち、ニキビや内臓系の炎症に対しても大きな効果が期待できるとされています。
そのような安全性と有効性のプロポリスですが、もし現在薬を服用している場合はその飲み合わせに注意しなければ、危険にさらされる場合があるので、その代表例をここでご紹介しましょう。
その医薬品というのが、ワルファリンというものです。

実は、プロポリスとワルファリンを一緒に摂取してしまうと、血栓が高まる、という結論を出した研究結果が論文として発表されたのです。
一時期、プロポリス単体で血栓の危険性があるという話がありましたが、あくまでも2つ同時にとった場合の結果となっています。
その研究の概要としては、ワルファリンを服用していたという患者が同時にプロポリス飲み始めたところ、血液の凝固活性が下がったことがわかったそうです。

そこで試しにワルファリンの投与量を増やしてみると、そこから急激に血液凝固活性値が上昇してしまったそうです。
そこでプロポリスの摂取を中断すると血液凝固活性が下がり、元の数値に戻ったそうです。
このようなワルファリンとプロポリスにおける相互作用ということに関する科学的根拠は未だ持って不明となっています。
ワルファリンは経口抗凝固剤の一種として広く血栓症の治療、そして予防に用いられるので、もし摂取を検討しているのであればぜひ自分の主治医などに相談してからプロポリスの摂取をはじめましょう。