高濃度

スプレー式のプロポリスのメリットとデメリット

みつばちは自分の家である巣を守るためにプロポリスというものを作り出します。
このプロポリスには、強い抗菌作用があり、巣を様々な病原菌から守ってくれるのです。
さらに、私達人間にとっても有用な抗菌作用をもたらしてくれ、同時にその安全性が期待できることから、天然の抗生物質まで呼ばれています。

抗菌作用の他にも、プロポリスには強力な抗炎症効果があります。
その結果、ストレス社会で頻出する胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった体内の炎症に対する鎮静効果や皮膚にできると非常に不愉快なニキビの早期治療効果が期待できます。
さらに、抗酸化効果があることで、アンチエイジングや美白効果もあるとされています。

そんな様々な効果のあるプロポリスは、摂取の方法としては、普通の健康食品と同様にソフトカプセルタイプ、粉末タイプといくつかありますが、これらの内服薬の他にも、幹部に直接塗布できる軟膏タイプやスプレータイプがあるということをご存知でしょうか?軟膏タイプは犬猫用がよく知られていますが、スプレータイプは通常喉の炎症のためのものです。
スプレータイプの何よりのメリットというのは、やはりその使いやすさでしょう。
特に喉の炎症を伴うような風邪などの場合、一度身体の中に取り込んでから作用するのを待つより直接塗布できるスプレータイプが効果的でしょう。

また、持ち運びができることから、出張などで家にいることが少ない方や旅行好きで家を開けることの多い方にもおすすめな形態になっています。
非常に便利なものとなっていますが、本来あるプロポリスのベタつきをなくしたり味を改良するために添加物が多くなり、プロポリスの含有量が減ってしまっている場合があります。
最も多いのが、喉に使うということで口臭予防や爽快感を兼ねたペパーミントの風味などのものです。
きちんと産地や内容量などを調べないと、せっかくのプロポリスの有効効果を十分得られない場合があるので、まずは商品の下調べをして購入、使用するようにしましょう。
また、プロポリス以外におススメなのがセサミンです。セサミンは副作用の危険が少なく安心して摂取していただけます。詳しくはこちらhttp://xn--vckl3i8c.biz/fuku.html

このページの先頭へ